oracle2017

来年リリース!? Oracle XE 18cに期待すること!

1つ前は、

今年の目玉は、なんといっても、Oralce12cの次が、Oracle18cになることだろう!

わたしほど、この Oracle18cを期待しているものはいないだろう。

なぜならば、Oracle18c が発表されると、ほぼ同時に、 Oracle18c XEが発表されるからだ。

しかも、

The Oracle XE Edition is completely free and contains more or less all options that are available in EE including Multitenant.

え??? EEの全オプションが使える!!!???
https://ora-00001.blogspot.jp/2017/10/oracle-xe-12c-becomes-oracle-xe-18c.html?m=1

マルチテナントまで???  たった、2Gのメモリでどうすんじゃい?

そうなのだ。 ここまで引っ張っても、やはりメモリが2Gまで・・・。  orz
https://mobiliardbblog.wordpress.com/2017/10/20/new-xe-version-available-with-oracle-18c/

Limits for XE 18c will be 2 GB of memory, 12GB of storage (with basic/advanced compression pushing the real capacity up to around 40GB), 2 CPUs and 4 pluggable databases.

どうやら、4plugable databasになるらしい。それは、うれしい。CPUも2つか・・・。4つにして欲しい。

メモリは、バーンと、8Gまで上げてほしい。 データサイズは、ババーンと、200Gまで上げてほしい。

どうせ、みんな本番ではXEは使わないから。認めて欲しい。これらのスペックをまとめた、

Oracle 18c XE+

を希望する!!!  お金は、年間1万円払ってもいいから!!!

みなが待ち望む時期だが、そrふぇは、

UPDATE: Oracle XE 18c "is currently planned between March and August 2018

来年の夏は、ビーチよりも、XE18Cだぜ!!! Marchってもしかして3月、やばすぎだろう、やばすぎだ。
春休みまたは、夏休みは、どっぷりXEだぜ!


落ち着け、落ち着け、もう一度確認しよう。

Oracle 11g XEと、Oracle 18c XEの一番の違いはなんだ?

メモリか? いやいや

ディスクか? いやいや

オプションか? いやいや

一番の違いは、

オブジェクトの名前の30バイト制限がなくなり、128バイトになること

これに尽きる!

https://docs.oracle.com/cd/E82638_01/UPGRD/changes-in-12c-release-2-upgrade.htm

長い識別子

Oracle Database 12cリリース1 (12.1)では、ほとんどの名前の長さ制限は、30バイトでした。例として、ユーザー、ロール、エディション、表、列、索引、制約、ビュー、シノニム、PL/SQLユニットの名前に加え、PL/SQLソース・テキストのすべてのタイプの名前(変数、仮パラメータ、タイプとサブタイプ、例外など)があげられます。現在、この制限は、ほとんどすべての種類の名前で128バイトに拡大されています。ただし、いくつかの例外があります。たとえば、表領域およびPDBの名前の制限は、30バイトのままです。例外については、個別に記載されています。より長い名前をディクショナリに格納する必要性は、記載されているディクショナリの適切なVARCHAR2列の幅を30バイトから128バイトに変更することによって、すでにリリース12.1で反映されています。


なぜだか分かるかい?

それは、MVCの自動生成に30バイトでは、ほぼ、足りないからだ。

たとえば、RubyOnRailsで、自動生成すると、大概、30バイトを越えてしまう。
だから仕方なく、PostgresqlやMySQLを使うハメになる。
若いやつらから、「30バイト制限あるんで、オラクルじゃなくていいっすか?」と言われ、答えに困る。
本当はオラクルを使いたいのに、DBMS_SCHDULERとかめっちゃ非同期処理に楽なのに、
なのに、たかだか30バイト制限のために、オラクルを諦める。勿体無い、辛い。

そんな思いをした人は、一人や二人じゃないはずだ。

そんなあなたの憤りを解決してくれるのが、128バイトになった、
Oracle 18c XE なのだ!

ちなみに、
oraclexe18c.com
ドメインはわたしが取得済だ。

リリース同日に、サービスを解放するので、ぜひSQLPLUSで接続してほしい。

oracle xe 12c が出なかったことは悲しいが、それよりも、
全オプション(たぶん)が使える状態で、oracle xe 18c がリリースされるなら、それは嬉しい。


ちなみに、私は、2009年から Amazon上で Oracle XEを使っている。

https://www.atpress.ne.jp/news/12852

まだまだ、XEはビジネスで使う可能性ありだ!



Comments